屋根カバールーフ工事 千葉市K邸







屋根の状況

屋根面のカラーベストの所々に亀裂や隙間があり棟の一部は釘が浮いている状態。現在の屋根下地は合板で施工をしていると思われますが異常な個所から雨水が浸入して今後は屋根下地の合板が腐食する可能性あり。

総評

現在の屋根は新築をしてから30年以上経過しており異常個所があり、早めの対策をしなければ雨漏りの原因となり屋根裏に雨の侵入が予想される。
また、現在のカラーベストの下地の合板が心配ですが現状は問題ないと思われる。
樋は異状がなさそうですが内側が傷んでおり交換をお薦め。

対策

現在の屋根に塗装は避けた方が良いと判断します。新規の屋根材を使用してのカバー工法での改修をお薦め。樋は交換をお薦め。
完全な施工をするために現在のカラーベストと屋根下地に釘の引抜試験をしてからの施工が必要。
釘の引抜試験の結果によっては現在のカラーベストの上に合板(12mm)を増打ちしますが点検時では必要がないと判断。

施工内容/屋根カバールーフ工法

屋根材:リファーナ
築年数30年
建坪32坪
メーカー保証穴あき25年
工事費160万円